結婚したいアラサー必見!数字から見る結婚事情と婚活の始め方

結婚したいアラサー必見!数字から見る結婚事情と婚活の始め方

こんにちは。辛口恋愛コンサルタントのRABBIです。

20代半ば…そしていよいよアラサーになると、独身の方は「そろそろ結婚したいな」なんてふと思いませんか。

友人が次々と結婚して焦りは募るばかりだけど、仕事も頑張りたいし、妥協もしたくないですよね。

一方で、彼氏もいないし出会いもないともう厳しいのかな、諦めるしかないのかな、なんて不安になってしまう時もあるでしょう。

この記事では、結婚したいと思っているアラサーへ、最近の結婚事情と、何をすべきかについてお伝えします。 

目次

数字で見るアラサーの結婚事情

晩婚化という言葉もよく聞きますし、事実30代後半で結婚する人、40代で初産する人はいますよね。

実際の数値はどうなっているのでしょうか?見ていきましょう。

そもそもアラサーって?

アラサーとはアラウンドサーティー(around thirty)という和製英語の略です。

30歳前後、具体的には27歳~34歳を指しています。ファッション業界が生み出した言葉で、「大人の女性」という意味で使われることが多いようです。

結婚願望がある人はこんなに多い

晩婚化と言われる世の中ですが、結婚願望はどうなっているのでしょうか。厚生労働省の調査は以下の通りです。

2010年の結婚意識調査1:28~39歳未婚女性の結果

「いずれ結婚するつもり」87.7%
「結婚するつもりはない」8.0%
「不詳」4.3%参考

厚生労働省「結婚に対する意識」

結婚を考えている女性は9割近くいます。やはり結婚願望がある女性は多いようです。

アラサー女性の結婚率

結婚願望があることはわかりましたが、実際の結婚率はどうなっているのでしょうか?

アラサー女性の結婚率は以下の通りです。

 
年代別女性の結婚率
20代後半~30代前半 44.4%
30代前半~30代後半 31.3%
30代後半~40代前半 10.8%
平成22年の国勢調査

晩婚化が進んでいるので、30代に入ってもまだまだ結婚の可能性はあります。

しかしこの数値は10年前と比べると20%以上大幅に増えており、統計上では、「4人に1人が生涯独身」「30代での未婚率は30%超。35歳を超えて結婚した人は2%以下」が事実の数字です。

2%はかなりビックリする数字ですね。

あなたの知っている30代で結婚した人は、かなり幸運といえるでしょう。

一方結婚したくない人も?

一方、恋愛や結婚に積極的でない人も一定数いるようです。

明治安田生活福祉研究所の調査では、【25~34歳の「アラサー世代」独身者の過半数が結婚を意識した男女交際をしたことがない】という結果があります。

男性のみに絞るとこの数値は3人に2人に上るそうです。

同研究所は「アプローチは男性からという考え方が主流なのに恋愛に消極的な男性が多い。

その結果、結婚前提の真剣な交際までたどりつけないのではないか」とのことです。

では結婚することそのものに対してはどうでしょうか。

結婚に対する気持ちを聞いた質問では、

「理想や条件を特に意識しない」:男性32%、女性38.8%
「絶対結婚したくない」「あきらめている」:男性30.9%、女性25.9%
「理想や条件を下げてでも結婚したい」:男性10.8%、女性13.5%

だそうです。結婚したい人がいる一方で、したくない人も一定数いるようですね。

アラサーの結婚の理由は?

ところで、アラサーが結婚したいと思う理由は何でしょうか?

アラサーにフォーカスし、RABBIの恋愛相談のクライアントさんにアンケートをとると、「子どもが欲しいから」という意見が圧倒的でした。

出産の限界は33歳

アラサーになると、出産のことが気がかりになりますよね。

女性の社会進出が進んでいますが、身体機能はそのままです。気づいたら手遅れだった・・!となるパターンは避けたいですよね。

「出産リミット」は「妊娠可能年齢の限界」とも言え、一般的には33歳を境に妊娠確率は大幅に下がります。

そして、男性も子どもが欲しいと思っています。なので、その可能性が低い女性はリスク回避する傾向にあります。

なので「婚活市場における女性の価値が年齢にある」というのも納得ですよね。

特に初婚男性の希望条件は「33歳まで」が一般的とも言われ、それは40代以上の男性でも変わらないそうです。

結婚したい理由は子供です。

頑張って仕事することも大切だと思うけど、誰かと支えあって、人生を豊かにしたいと、切実に思うようになりました。(33歳/営業職)

アラサーが結婚したきっかけ・タイミング・決め手は何?

では、結婚しようと思うきっかけはなんでしょうか?

結論から言えば、一般的には特にこれといって「結婚しよう!」というきっかけはない、という人が多かったです。

強いていえば、

  • 友達が結婚したから
  • 年齢の区切りが来たから
  • 子どもが出来たから

といった外的要因によって結婚に持ち込むことが多いようです。

ひとり旅も、ひとり飯も、ヨガの個別レッスンも、お腹いっぱい。

新しいステージに上がりたい。
一生働き続けられるか不安。
誕生日にそう思った時に結婚しようと思いました。(27歳/事務職)

今彼氏がいる人は、そこまで焦らなくても、ふとした瞬間に「結婚」は訪れるのかもしれませんね。

アラサーが結婚するまでの道のり 

ここからは結婚したいアラサーからよく聞く質問に答えていきます。

付き合う時には結婚を意識するべき?

そもそも付き合う時に結婚を意識している人はどのくらいいるのでしょうか?

25~34歳の未婚者に対して、結婚を意識した(させられた)交際経験があるかどうかを尋ねてみた調査では、最も多くの比率を占めたのが、「結婚を意識した(させられた)交際経験はない」で、

男性約6割(20代後半63.7%、30代前半61.7%)、女性約4割(20代後半38.6%、30代前半40.3%)だったそうです。

男性はあまり結婚を意識していないことがわかりますね。

先ほど述べたようなきっかけがあると、結婚に至るのかもしれません。

合コンで出会った人と結婚できる?

合コンといえば、「チャラい」、「遊びの関係を持ちたい人が集まる」などというネガティブイメージが少なくありません。

そのため、合コンに参加するような男性は恋愛や結婚対象としてはあまり信用できないと思っているかもしれません。

しかし、アラサーの4組に1組が合コンがきっかけで結婚しているとも言われています。

また、予想に反して合コンがきっかけのカップルは離婚率も低い、というデータもあるようです。

合コンは意外と狙い目かもしれません。

合コンで付き合えるのかについてはこちらの記事にまとまってます。

初彼氏と結婚したいけど、大丈夫?

初彼氏と結婚したいと思う人もいるでしょう。

アラサーの初彼氏を男性はどう思うかはかなり分かれるようです。

肯定的な意見は

「初めてのデート、初めてのキス…。その人の初めてが全部俺っていうのがうれしい!大切にしようと思います」(27歳/会社員)

といったものです。

一方、重いと受け取られてしまうと…

「最初で最後のチャンス!とか思ってそうで、重いイメージです」(28歳/金融関係)

結婚願望が薄い男性は「アラサーで恋愛経験ゼロ」の女性とは、あまり積極的に交際したいとは思っていないようです。

そのほとんどが、「年齢的に結婚を意識していそう」という理由でした。

やはり、人によっては面倒くさいと感じるのかもしれません。

そのなかで最も多い意見はこちら。

「別になんとも思わないです。恋愛経験で好きになるわけでもないですし」(30歳/IT関係)

特に気にしない、が多いです。

付き合う女性を過去の恋愛遍歴や男性経験の数で選ぶ人はあまりいないみたいです。自信を持って振る舞うことが大切ですね。

年下と結婚できる?

年下との結婚を考えている方もいるでしょう。

年下と結婚する壁は二つです。

一つめは、彼自身です。若い男性は、結婚を全く考えていないことが多いです。それゆえに結婚のリスクも意識せず、アラサーの女性と躊躇なく付き合えたりするわけです。

結婚のプレッシャーをかけずに付き合うことは難しいかもしれません。

二つめは彼の両親です。年が10個近く離れていたりすると、彼の両親が反対することもあるようです。

ここは意外と盲点かもしれませんね。普段から年下の彼氏の存在を匂わせておく必要があるかもしれません。

アラサーが結婚に至るまでの交際期間はどのくらい?

結婚まで短すぎても不安ですし、長すぎても飽きられてしまうのではと不安ですよね。

国立社会保障 人口問題研究所の第14回出生動向基本調査では、出会って結婚するまでの平均期間は3~4年だそうです。意外にも長く交際していますね。

アラサーの結婚は難しいのか?

アラサーで結婚願望があるのに、なかなか出会いがなかったり、彼氏とうまくいかなかったりして焦る人もいるかと思います。

では、アラサーの結婚を阻むものは何でしょうか?

たくさんあると思いますが、代表的なものを取り上げてみました。

アラサー結婚が難しい理由1:高望みしてしまう

結婚を意識していない時は、自分の好みの人と気軽に付き合っていれば良かったのですが、婚活をするようになると、具体的に男性の条件を考えざるをえないですよね。

特にマッチングアプリや婚活イベントに登録する時は、条件が具体的に言語化されるようになります。

具体的に考えていると、相手の年齢、学歴、職業、年収…「これだけは外せない」というものだけでもたくさんあがってしまいがちです。

実際の私の知人の体験談もあります。

友人に男性の紹介を頼む時に、男性の条件を具体的に伝えました。

紙に書いてみたら30項目くらいになってしまって…今思うと自分でも書きすぎたなと思うのですが(苦笑)

友人に「その条件全部クリアできる人なんて残ってないよ」と言われ、はっとしました。 32歳事務職女性

そのように高望みし、条件に縛られすぎると、相手のいい部分を見落としてしまうかもしれません。

アラサー結婚が難しい理由2:高学歴あるある?価値観の違い

結婚できない女性の特徴として、高学歴はよく挙げられます。

相手の男性も同様に高学歴であってほしい、自分よりも年収が高くあってほしい、と思っていると結婚にたどりつくまでは難しい場合も多いです。

自分が求めていた条件は、贅沢であることに気づかされました。

私は大学を卒業しているので、相手の男性も大卒、最低限MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)以上を希望していました。

年収も普通に企業に勤めていれば、500~600万円くらいはあるだろうと思っていたのですが、それもなかなか難しいことに気づかされました。

28歳事務職女性

自分が当然と思っている価値観と、現実は意外にもかけ離れています。

ちなみに30~34歳男性の平均年収は438万円です。

まずはこの数値を頭に叩き込みましょう。

自分の価値観をひっくり返して、婚活をするのはかなり難しいでしょう。一方で柔軟な考え方ができる人の方がモテるのも事実です。

アラサーの結婚が難しい理由3:諦めの気持ちが出てきてしまう

結婚願望はあるものの、「もう年齢的に無理なのかな…」諦めの気持ちが芽生えてしまう人もいるかもしれません。

ところで、婚活をする時は、マッチングアプリから始める人も多いかと思います。

それほどお金もかけずに、手軽に始められるので便利ですが、アラサーにとっては危険な手段かもしれません。

なぜなら、どこよりも残酷な現実を見せられる場だからです。

こちらのエピソードを見てください。

マッチングアプリに登録したのは、28歳の時でした。

登録した当初は、男性からたくさんメッセージが来て、有頂天になっていました。

「まだまだ自分はモテる。」
「自分は男性を選べる立場にある。」
ぶっちゃけ調子に乗っていたのです。

せっかくお会いしても、ツンケンに対応してしまい、結局30歳に突入してしまいました。

すると、男性のメッセージが一向に来なくなってしまったのです。その時に初めて、「20代だったから、メッセージが来ていた。」ということに気づいたのです。

まだ理想の男性に会えておらず、焦っています。30歳営業職女性

残酷な現実…そう条件検索機能です。

年齢検索条件は~29歳というものばかりです。

男性は年収、女性は年齢で選ばれるとも言います。年齢は自分ではどうしようもないので、諦めてしまう人も多いのかもしれません。 

アラサーの結婚が難しい理由4:結婚したいかわからなくなる

婚活を頑張りすぎている人は、ふと「何で結婚したいんだっけ?」と思うこともあるのではないでしょうか?

婚活が行きづまると、「結婚して、婚活を早く終わらせたい!」という何がゴールなのかわからなくなってきてしまう人も少なくないようです。

周りが結婚ラッシュに入ると、「何で自分は結婚できないの!」と自暴自棄になってしまったり、「もういいや」と投げやりになってしまったり…。

婚活の目的を見失ってしまうと、結婚へのモチベーションが下がってしまうだけでなく、自分が何をしたいかすらわからなくなってしまいます。

そうなってしまったら、一度婚活をお休みするといいでしょう。

自分がなぜ結婚したいのか、そのために今頑張れるかを常に確認しながら、過ごしていくといいかもしれません。

アラサーの結婚が難しい理由5:結婚する自信がなくなる

婚活によって自分に自信がなくなってしまう人もいるようです。

確かに、婚活は、相手の男性を探ること以上に、自分自身を見つめ直す機会でもあります。

それは男性に好かれる格好や振る舞いをするという表面的なことのみならず、そもそもどうして結婚したいのかという婚活の核になる部分まで掘り下げることになります。

その作業の過程では嫌でも自分のダメな部分に気付かされてしまいます。

すると、自分の長所さえもダメに思えてきて、「もう結婚なんてできない(´;ω;`)」と疲れてしまうこともあると思います。

嫌になってしまう気持ちはよくわかるですが、何事にも自信を失わないようにしてください。

自信を持っている女性の方が輝いていますからね。

ネガティブな考えに苦しめられそうになったら、こまめに気分転換することも大切です。

アラサーの結婚が難しい理由6:結婚に失敗したくないプライド

結婚する相手とはその後も長く付き合うことになるでしょうからやはり失敗したくない、という思いは誰しもありますよね。

しかし、その思いが募ると、プライドが高くなってしまいがちです。

ハゲは嫌、ケチな人のは無理、コミュ障は論外…こんなことを思っていると、結婚まで至らないケースも多いようです。

残念ながら、誰もが羨むいい男性はすでに取られています。

婚活をしている男性は、現状結婚できていない、彼女もいない人なのです。

まずは、気軽に構えてみましょう。

アラサーの結婚が難しい理由7:プレッシャーから焦ってしまう

 

結婚したいアラサーの中には、プレッシャーを感じて焦ってしまう人もいるかと思います。

「いい男性と結婚して親を安心させたい」、「『結婚しないの?』という世間の雑音から逃れたい !」などというのはものすごいプレッシャーですよね。

母親からのプレッシャーがもう嫌です。
 
最近「結婚、結婚」うるさくて。
 「子供が欲しい年齢を逆算して考えて、相手に求める理想を下げなさい」と、お節介…いや助言されたり。今、仕事もストレスが溜まることが多く、
 
「一度リセットしたい→結婚!?」「働き方を変える!?→結婚!?」と、モヤモヤをすべて結婚が解決してくれるんじゃないか。と、まったく根拠のない考えに振り回される夜もありますね(笑)。31歳薬剤師
 
色んなプレッシャーがのしかかり、焦るほどに空回りするケースも少なくありません。
 
何事も焦らないことが大事ですね。
 
結婚に焦っていて気持ちを落ち着かせたい人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

アラサーの結婚が難しい理由8:結婚は妥協だと思ってる

 
「結婚は妥協だ」という意見はよく聞きますが、「妥協」という言葉はあまりよくないかもしれません。なぜなら、そう思っていると婚活がうまくいかなくなってしまう可能性があるからです。

結婚は相手があることです。他人と一緒に過ごしていくのですから、何もかも自分の思い通りにいくなんてことは絶対にありません。

「相手を理解する」という意味で、「許容」という言葉がいいかもしれません。

先ほども見た通り、女性が普通だと思っている結婚相手に対する希望条件が、現実と照らし合わせると「高望み」「欲張りすぎ」となってしまうケースがありましたね。

理想と現実にはギャップがあることを理解した上で、それでも結婚したいと思うなら、相手に求める条件を「妥協」するのではなく「許容」する心が大切です。許容とはつまり、条件に幅を持たせて許容範囲を持つことです。

例えば希望年収は「600万円以上」ではなく、「400万円以上、600万円まで」という表現をすることです。

年収が400万円の男性でもいったん話をしてみましょう。

真剣にお見合い・交際をすることで、年収で切っていたときには到底わからなかった、お相手の魅力が発見できるかもしれません。 

アラサーで結婚したいなら、これをしろ!

 
では、ここからは結婚したいアラサーがすべきことをお伝えします。

結婚したいアラサーがすべきこと1:婚活に近道はない。現実を受け止める

婚活に近道はありません。

結婚したいなら、今から行動しなければなりません。結婚できていない30代、40代を見ているからか、今は20代で結婚相談所に入ってる人も多いです。

婚活でよく言われる言葉ですが、「今日より若い日はない」のです。

アラサー女性が結婚したいと思ったらまず、「結婚相手は向こうからはやってこない」という現実を受け止めましょう。

職場にいても、職場に新しく入ってくる年下男性には興味ない、何年も顔なじみの男友達も今更結婚しない、という状況ではありませんでしたか?

待っていても、いい人は現れませんでしたよね。

だったら今からあなたが動きましょう。アラサー女性の婚活はとにかくスピードが命です。

誰でもいいから結婚したい!という考えは危険ですが、早めに自分から行動を起こすことが、少しでも理想の結婚相手を見つける近道です。

その努力は惜しむべきではありません。

結婚したいアラサーがすべきこと2:男性の深層心理を知る

結婚したい!といっても男性の結婚観や、男性が求める女性像って実は知らなかったりしませんか?逆に言えば、それさえ知っていれば、闇雲に目の前の男性に飛びつくこともなくなりますよね。

そこで今回RABBIは男性の深層心理をまとめたレポートを作りました。

今まで彼氏と長く続かなかったり、ダメ男にばかり引っかかっていた人は必見ですよ。

結婚したいアラサーがすべきこと3:話し合おう

もし男性と出会う機会があったり、今彼氏がいるなら、男性と話し合って見ることが大切かもしれません。

アラサー独身男性は

・そもそも結婚する気があまりない
・まだ叶えたい未来に向かって頑張っている最中
・結婚相手に対して、厳しい条件を持っている
・元カノが忘れられずに、新しい出会いがあっても比べてしまう

などの理由で結婚をしないそうです。

では、結婚するために、アラサー独身女性はどうしたら良いのでしょうか。それはこちら側で見極めること以外にありません。

そもそも結婚願望があまりない人とは、いくら話し合ったところで結婚はできませんので、諦めてください。

元カノと比べてしまうタイプの人であれば、それをいったんは受け入れてあげたり、過去のトラウマを聞いてあげてください。

ワークスタイルに合わせて欲しい人であれば、その旨を聞いた上で、自分の理想の生活とすり合わせることができるか話し合ってみましょう。

付き合いたての早い段階でこの話し合いを行い、自分と人生が交わらない人であれば、早めに別れた方がいいです。

一生の生活に関わるため「好き」という気持ち以外にも、考えなければならないことがたくさんありますよね。

お互いのためにも、気になる男性ができたら、その人の結婚観を早めに聞いてみてください。 

アラサーで結婚したいあなたへ

ここまでいろいろ書いてきましたので、「ハードル高い…」「もう結婚できない…」と思ったかもしれません。

しかし、男性からは、

「実際に付き合い始めて、180度考えが変わりました。」
「彼女の年齢は積み重ねたキャリアであると。若い子にはない、重みがあるということに気付きました。」
「アラサー女性なら、ある程度生活習慣も出来上がっているし、社会経験もある。」といった肯定的な意見もあります。

意外と男性は寛容かもしれません。

そして、本気で結婚したい!と思う方は、まずこのレポートで男性の本心を知ってください↓

焦らず、目的を見失わずに着実に婚活を進めていくことが重要です。あなたが素敵な男性と巡り合えますよう、祈ってます。

ページの一番下へ