彼氏ができないのはブスだから⁉本気で彼氏欲しいなら見るべき4つの対策

彼氏ができないのはブスだから⁉本気で彼氏欲しいなら見るべき4つの対策

こんにちは。辛口恋愛コンサルタントのRABBIです。

合コンやパーティーなど色々参加してるのに、いつまでも彼氏ができないと「私ってそんなにブスかな…」と悲観的になってしまう時もあるかもしれません。

でも、彼氏は欲しいですよね!それなら「ブスだから恋愛できない」なんて言い訳をしている場合じゃありません。ブスにはブスの彼氏の作り方があるんです。

この記事では、彼氏ができないのは「ブスだからなの?」と悩んでいるあなたへ、ブスでも彼氏ができる方法をお伝えします。

※今回はかなり辛口で書いてますが、ご容赦ください。

【実録音声付き】男性の本心を徹底解説したメール講座を無料配信中です↓

彼氏ができないのはブスだから?

まず、「彼氏ができないのはブスだからだ」と思っているそこのあなたにもう一度考えてもらいたいのです。

男性が、彼女に求める条件は何でしょうか?顔でしょうか?

マイナビウーマンの調べは以下の通りです。

彼女に1番求める条件を次の項目から選んでください。

引用:https://woman.mynavi.jp/article/170228-120/

「外見」に大きく差をつけて「性格」が一位なんです。

まずはこの事実をよく目に焼き付けておいてください。もしかすると「顔がブスだから彼氏ができない」というのは、あなたの言い訳に過ぎないかもしれないのです。

このあたりの男性心理についてもっと知りたい人は、こちらのメール講座も見てみてください↓

「彼氏ができないブス」と「彼氏がいる美人」の根本的な違い

では、ここからは、彼氏を作るために本当に必要なことをお伝えします。

本当に必要なことは顔だちの良さではない、ということは先ほどの調査にもありましたよね。美人に全員彼氏がいるわけではありませんし、ブスに全く彼氏がいないことはありません。

でも、美人には彼氏がいる人が多くて、ブスには彼氏がいる人が少ないように感じますよね。

その理由は、美しくなる努力の量が違うからだとRABBIは思います。

美人は美しくなる努力を欠かしません。美しさを維持してこその美人なのです。

…ということは、ブスが自分のポテンシャルを維持してるだけでは、確実に美人に負けることは明白ですよね。

ブスがブスを維持してても仕方がありません。どう考えても自分を日々磨いている美人に完敗です。

しかしだからと言って、「私なんかどうせブスだしー」「いいもん。彼氏なんかいらないし。」とブスがひねくれていたところで何も始まりませんね。

「彼氏を作る」のは戦いです。争奪戦です。いい人から取られていきます。あなたの前にそのうちいい人が現れる、なんてことはありません。絶対にありません。

こちらから捕まえに行かない限り、いくら待っていても「いい人」は現れないのです。

彼氏を作るには、美人だろうとブスだろうと分け隔てなく努力が必要であることを胸に刻んでおいてください。

彼氏ができないブスとできるブス

ブスだけど、彼氏がいる人も当然いますよね。

ブスの間でも、彼氏ができる人といつまでもできない人の違いが出てきてしまうのはなぜでしょうか?

そのヒントは「ブスの25か条」に隠れているかもしれません。これは宝塚歌劇団の舞台裏に貼られている、伝説の教えです。

内容はこちら。

1 笑顔がない
2 お礼を言わない
3 美味しいと言わない
4 精気がない
5 自信がない
6 愚痴をこぼす
7 希望や信念がない
8 いつも周囲が悪いと思っている
9 自分がブスであることを知らない
10 声が小さくイジケている
11 なんでもないことに傷つく
12 他人に嫉妬する
13 目が輝いていない
14 いつも口がへの字の形がしている
15 責任転嫁がうまい
16 他人をうらやむ
17 悲観的に物事を考える
18 問題意識を持っていない
19 他人につくさない
20 他人を信じない
21 人生においても仕事においても意欲がない
22 謙虚さがなく傲慢である
23 他人のアドバイスや忠告を受け入れない
24 自分が最も正しいと信じ込んでいる
25 存在自体が周囲を暗くす

いかがですか?よく見ると、容姿については特に触れられていませんね。

RABBI的には、人のアドバイスや忠告を受け入れないがグサッときます。RABBIの記事はありがたいことにたくさんの方に見ていただいています。

ここに書いてあるアドバイスを実行してくださる方には「彼氏ができました!」と言っていただきます。

しかし、実行してくれないのに「彼氏ができません」といってくる人もいます。…ってそりゃできないわ(# ゚Д゚)。

人の忠告を素直に受け入れられる人とそうでない人、このサイトに書いてあることをきちんと実行できる人とそうでない人、それが「彼氏ができるブス」と「できないブス」の違いだとRABBIは思います。

「彼氏ができない」を脱却するためにブスが心得るべきこと

彼氏ができない状態を脱却するために、ブスがすべきことは4つです。

  1. 「ブスだから」と言い訳しない
  2. デパコスに通う
  3. 相手を気持ちよくさせる
  4. 出会いに行く

ひとつずつ見ていきましょう。

「彼氏ができない」を脱却する方法1:「ブスだから」は禁句

「ブスだから○○」これ、もう二度と言わないでください。だって、「ブス」を理由にできないことを並べても仕方がないですよね。

「彼氏を本気で作りたい」
「何としてでも、結婚する」

こんな強い願望があれば、「ブスだから」なんていう小さな言い訳に引きずられている場合ではありません。

逆の立場で考えてみてください。

「イケメンはいいよなー」
「俺なんかブサイクだから、彼女できないんだよねー」
「ブサイクだから、ダサい服でもいっか。」
「ブサイクだから、年収低いけど、そんなもんでしょ。」

なんて言ってるダメ男を見たらどう思いますか?

「いやブサイクでも、イケてる服探せよ。とりあえずダサい服はやめろw」
「てか年収関係ないでしょww」ってつっこみたくないですか?

とりあえずこんな男性を「自然体でかっこいい(*’▽’)」とは思わないですよね 笑

しかし、そんなブサイク男を笑えません。あなたも同じようなことをしているわけです。あなたはこんな心当たりはありませんか?

  • 合コンに行かない
  • 友達が誘ってくれたのに行かない
  • 適当な服・メイクで行く
  • 行っても積極的に話さない
  • 帰りにLINEを交換しない

そんな時に、あなたは

「私なんか合コンに行っても、迷惑でしょ」
「ブスが着飾ってると思われたら恥ずかしいし」
「ブスはメイクしてもブスだもん」
「ブスだから黙ってたの」
「LINE交換してもらえなかった…まあブスだから当然だよね」

なんてことを言ってませんか?

ちょっと頑張ればほんの少し勇気を出せば、素敵な出会いがそこにあったかもしれないのに、全部「ブスだから」を言い訳にして、勇気のないことを見ないふりをしてませんか?失敗したことを「顔は変えられないしねー」と顔のせいにして、棚に上げてませんか?

そんなに言い訳をしてるのなら、「じゃあ、整形しろよっ」ってRABBIは思います。本当に顔が原因なら、整形すれば解決するはずですよね。

でも、もし仮に美人の顔を一日借りられたら、あなたは合コンで無双できるでしょうか?

RABBIの考えでは、美人顔のあなたは、今のブスな顔の時と何も変わらず連絡先をもらえずに帰ってきます。これは断言します。

「んなわけないでしょ(# ゚Д゚)」と思われるでしょうか?でも今あなたはこんなことを想像しませんでしたか?

「美人だったら、黙ってても男から言い寄られる。」「何もしなくても、LINEの連絡がほいほい来る」

でも、それは違うのです。

どんなに美人でも、何もしないで男を吸い寄せるなんてことはできません。美人だって努力してます。

確かに、ブスだからイケメンをゲットしにくいのは事実です。

でも、不可能ではありません。少しだけハードルが高いだけです。美人よりほんの少しやることが増えるだけです。

よく考えてみてください。世の中顔だけで判断してたら、ブスはとっくに滅びてるはずですよね。

「言い訳ブス」から脱却できないと、「自然体ブサイク男」としか結婚できませんよ。そんなの嫌ですよね。

ブスとブサイクが結婚したら子供は100%ブスじゃないですか。その子供もまたブサイクとしか結婚できない…。

絶対に嫌ですよね。嫌を超えて、もう悲しくなります。子孫代々までそんな思いをさせるなんて。こんな負のスパイラルは今ここで断ち切りましょう。

付き合う相手、結婚する相手によって人生は変わります。あなたの人生は今からいくらでも変えられるのです。

どんなに「ブス」だと罵られてきた非モテの私達でも、人生を逆転できます。

だから、どうか自分をおとしめる「ブスだから」という言い訳ワードは言わないでください。

「彼氏ができない」を脱却する方法2:デパートに行け!

ブスだからこそ、あなたに似合うメイクを研究しまくるべきです。なぜなら、その研究によって圧倒的な自信がつくからです。

RABBIもブスですけど、デパコスのメイクコーナーに通い詰めて、美容部員のお姉さんに聞きまくってました。

デパコスを買いに行け!というと、「美容部員の人は綺麗だから、私なんかが行ったら笑われる。」と思われるかもしれません。

RABBIも最初はそう思ってました。実際最初の方は酷い格好だったので、美容部員さんたちには、

「ひどい格好だな」「ほんとに買うのかこいつ?」みたいに思われて鼻で笑われましたΩ\ζ°)チーン

でもそんな恥は捨てましょう。笑われているのは、「ブスであること」ではないのです。ブスを放置していること、適当な格好をしていることに笑われているのです。

デパコスをおすすめするの理由は、「メイクを教えてもらえるから」というよりも、デパコスを見に行くためには、割とキメて行かないといけないからです。

スラックスでドラックのコスメは買いに行けますけど、デパートには行きにくいですよね。自然とちゃんとした格好をするはずです。

RABBIも鼻で笑われながら通ったデパートで学んだメイク法で、「最近顔が明るいね」と言われるようになりました。

また、デブやブスを売りにしている芸人さんだってたくさんいますよね。

  • 渡辺直美
  • 柳原可奈子
  • 山崎ケイ
  • ブルゾンちえみ

…あげたらきりがありません。

この方々デブでブスの「デブス」ですけど(失礼)、不潔感はありませんよね。渡辺直美なんか、オシャレのカリスマです。

なぜデブスが清潔感を漂わせられるのでしょうか?それは、似合う服を着て似合うメイクをしているからです。ファッションは、自分を映えさせるために最大限活用すべきです。

「ブスなのに見た目に気を遣うなんて…」なんて聞きますけど、誰に申し訳なく思ってるのか全然わかりません。最も恥じらうべきは、ブスを放置しているあなたの現状なのですから。

「彼氏ができない」を脱却する方法3:気持ちよくさせるブスを目指す

ブスには雰囲気を和ませるという大事な役割があるんです。この役割を全うしないブスなんて必要ありません。

というのも、集団でいる時のモテる女性を思い出してください。

そんな女性は大抵、

  • 雰囲気を華やげる
  • 和ませる

のどちらかに徹しています。前者は美人の担当だから、後者がブスの担当です。

美人がニコニコして座っていれば、雰囲気が華やぎます。でもただブスがニコニコしているだけだと、「ニコニコしてるブス」止まりです。ニコニコ担当ができるのは美人だけです。ブスには務まりません。

ブスが目指すべきは、相手の気分をよくさせることです。「愛想のいい」人を目指すべきですね。周りからの評価は「憎めないブス」って感じでしょうか。

愛想のいい人の条件は

  • いつでも笑顔
  • 自然な感じで相手を褒める
  • 「ありがとう」が自然に出てくる

です。

相手を思いやる気持ちは忘れないようにしましょう。そしてそれを態度で示しましょう。男性は特にプライドが高いですから、褒められると非常に喜びます。

これができるブスは、男性評価は非常に高いはずです。美人にも引けをとることはありません。

「彼氏ができない」を脱却する方法4:出会いに行け!

さて、ここまでで下準備は済みました。ここからは、出会いに行きましょう。

出会いのきっかけはこのようなものが多いようです。

とは言っても、男性と何を話せばいいかわからない!といった悩みもあるかと思います。

そんな人はこちらのメール講座がおすすめです。

【実録音声付き】男性の本心を徹底解説したメール講座を無料配信中です↓

ブスだから彼氏ができない…と悩む全ての女性へ。

いかがでしたか。

今回はかなりきつく書いてしまいました…(わりと反省してます。すみませんでした。)

こんなにきつく書いてしまったのは、他でもなくRABBIがブスだから。だから、ブスが虐げられる苦しさがよくわかるのです。

好きな男性ができても「彼があなたにつりあうわけないでしょ」と何度同僚に影で笑われたかわかりません。

実際、「顔がタイプじゃない」とフラれたこともあります。本気で整形しようかと思って、整形外科のカウンセリングにまで行きました。

でも結果から言えば、RABBIが彼氏ができなかったのは、顔のせいではありませんでした。「私はブスだから」という固定概念に縛られていた心のせいだったのです。

RABBIはどうにかして、血を吐くような恋愛研究の結果、その心の束縛から抜け出しました。

あなたにも、素敵な彼氏ができますように、心から祈ってます。

ページの一番下へ